お問合わせはコチラ
外皮性能計算プログラム/室温シミュレーター/PASSIVE SIMULATOR/暖冷房能力設定/光熱費計算/結露判定/熱容量計算/エネルギー消費量分析
トップページ > 計算プログラム > 暖冷房能力設定プログラム
暖冷房能力設定プログラムver1-1画面
全館連続暖房の場合の最大暖房能力を決めるのは容易ですが、居室間欠/居室連続暖房の場合の最大暖房能力を求めるのは容易とはいえません。
また冷房負荷からエアコンの能力を決めるような情報もあまり見かけません。
このプログラムでは、暖冷房負荷を計算しながら、適切と考えられる暖冷房設備の能力を求めることができます。
このプログラム(EXCEL版)の販売は終了し、温熱省エネ統合計算プログラムEnergy ZOOに移行しています。ご利用ご希望の方は http://energy-zoo.com/ をご覧ください。

暖冷房能力設定プログラム解説PDFを開く ※詳しい内容についてはこのPDFをご覧ください
※ユーザーはこのPDFをダウンロードしてプログラムをご使用ください
プログラム更新情報
熱貫流率(外皮、開口部、隣室との境界)
開口部の日射熱取得率(日射侵入率)
方位に対する建物の“振り”
外気温
設定室温
部屋の階数
定常最大暖房負荷
正午および16時の冷房負荷
暖房設備(エアコン以外)の設定最大能力
エアコンの場合の設定最大能力(暖房および冷房)
動作対応OS:Windows系
  (※MAC系やandroidでは動作しません)
動作対応:EXCEL (EXCEL97以降)
プリンタ:A4印刷
画面解像度:1024×768以上推奨
 
Microsoft Excel
ページトップへ